スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です!(^^)!

 

この前ショートコースを回っていて感じたことがあります。

絶対に曲げたくない・・・

 

青木が行ったショートコースでは、グリーンはとてつもなく小さく、直径5yないところもありました!!

そして、木が立っていて

奥、手前バンカー

などなど

とにかくホールひとつひとつが短いからってどれだけ技術を要求されるのか!?

 

普通のコースでもやはりこういったシチュエーションになることは多いと思います!

フルショットは必要なく、綺麗に確実にグリーンをとらえたい!

 

TVなどでもプロ選手がハーフショットで極度なリストターンはせずに

ボールをやさしく送るようにショットを放っていることがありますよね(^O^)/

そこで、今回は動画で学ぼう!ゴルフのライン出しショットの方法とコツ!

まずは、ラインを出すために

ラインを出すためには

出したい方向に対してアドレスをきちんととること!!
何気にこれが一番大切です!!笑
上手く出せても向きが違えば意味がない(>_<)

 

ボールに対しては、
飛球線方向に対して、フェース面は垂直であることです。

そして、リストターンを大きくするとフェース面は安定しないため、

飛球線方向へ送り出すように

右手のひらでボールを投げるように

方法は?

下半身はどっしりと構え
体重移動は大きくしないこと

飛ばすことが目的ではないので

スイングの再現性が高められるような位置(アドレス)をとる

二軸スイングではなく

一軸スイングがオススメです(^-^)

 

テイクバックはハーフトップにし

切り返しは絶対に手からいかないことです!

手からいくとシャンクがでたり、軌道が安定しません!

練習方法として

練習方法として
6Iや7Iで100yを打つ
PWで100yを打つ
AWで100Yを打つ

6Iや7Iで80y
PWで80y
AWで60y

など番手毎のいつもの飛距離よりも下げて打ってみましょう!

最初は、シャフトを短く持って打ち

慣れてきたら少しずつ伸ばしていく

伸ばせば伸ばすほどヘッドが遅れてくるので
その間に下半身が流れないように左下肢で地面を押し付けることは非常に重要です(^O^)

短くなったり長くなったすると
スイングリズムが崩れることが多いです。

急がず、焦らず、
心地よいテンポで打ちましょう!!

 

ライン出しショット

百聞は一見にしかずです!!

どの選手も素晴らしいショットです(^O^)

タイガー・ウッズ選手

丸山茂樹選手

松山英樹選手

リッキー・ファウラー選手


リストを大きく返さず、
送り出すようなショットは何度見ても素晴らしいですね(^O^)

最後に

再現性のあるライン出しが出来てきたら、

今度はスピン量とボールの高さの意識を持ってショットしていきましょう!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017