スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

 

今回はズバリ!!
300y飛ばすのに必要なヘッドスピードです!!

 

計算式で出すことができますので、少しおさらいです。

ミート率と飛距離の関係

まず、ミート率というのは、

ミート率=ボール初速÷ヘッドスピード

で算出されます。

いかに効率よくボールに力を加えられたか

ということですね(^O^)

もちろん、芯でとらえる方が良いということになります!

どれくらいなのか?

triangle7通常(アマチュア)       1.35~1.45

triangle7プロ・インストラクター    1.45~1.5

 

飛距離の計算式

およそ下記の計算式で算出できます(^O^)/

✔ドライバーの飛距離(y)=ヘッドスピード × ミート率 × 4

 

例1)

ヘッドスピード 40m/s ミート率 1.35  40×1.3×4=216

ヘッドスピード 40m/s ミート率 1.4  40×1.4×4=232

例2)

ヘッドスピード 45m/s ミート率 1.35  45×1.3×4=243

ヘッドスピード 45m/s ミート率 1.45  45×1.4×4=261

 

 それでは待ちに待った300Yを達成する条件です!!

 

 

計算式で逆算すると!!

ミート率1.35の場合:300/1.35/4=55.5m/s

ミート率1.4の場合:300/1.4/4=53.5m/s

ミート率1.45の場合:300/1.45/4=51.7m/s

ミート率1.5の場合:300/1.5/4=50m/s

最低でも必要なヘッドスピードは50m/s!!

 

プロゴルファーの平均ミート率は1.45を超え、1.5近くになるようですが、

我々はまずは1.45を目指しましょう!!

ミート率を1.45と過程すると

やっぱりヘッドスピードは最低51.7m/s必要となります!!

 

多少ランが出るとは思いますのでもう少し遅くても達成できるとは思います!

これから冬がやってきます!

からだづくりをこっそりやっておいて、

春先のビッグドライブを目指しましょう!!

 

気になるトレーニング方法は・・・

 

少しずつコンテンツ上げていきます(^O^)/

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017