スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

この時期は各メーカーとも新商品が目白押し!!
来シーズンに向けて新しい道具で調整していくのが良さそうですね♪

今日は、二木ゴルフさんで

TourAD MJ
のシャフトを

R15ドライバーTitleist 915
にカスタムして試打させてもらいました(^O^)

現在の青木のドライバーは
テーラーメイドR1にTourAD GT7sをカスタムしています!

元々弾き系のTourAD GTシリーズですが、

このTourAD MJもかなりの弾き系!!
シャフト中間部の粘りがあり、叩きにいっても引っかかることがないので、
思いっきり振り切れます!!

ダウンスイング時の暴れも少ないので、クイックで打ちにいっても誤差が少ない。
そして、ヘッドスピード・飛距離もアップ!!

こんないいシャフト作っていいの??

という感想でした(^O^)

さて、
テーラーメイドR15(460cc、430cc)

Titleist 915(D2 ヘッド体積460cc、D3ヘッド体積 440cc)

どっちが良かったか・・・

R15 特徴

1. 低重心・前重心
2. ロフト角大きめ
3. ダブルウエイトシステムで球筋コントロール

915 D2

1. つかまりがいい
2. 高弾道

915 D3

1. フェースコントロールがしやすい
2. 球離れ(インパクト)感触が良い

さすが、テーラーメイドさんは
飛距離に重要な要素を全てドライバースペックに活かしていると思います!
低重心・前重心で余計なスピン量を軽減し、ロフト角を増やすことでおおきなキャリーを生み出す。

結果的には青木は、Titleist 915 D3(440cc)
が良かったです。
リストターンを積極的に使うので、フェースは小ぶりの方があっていたようです!

デカヘッドすぎるとつかまりすぎちゃう。。。

おそらく、今のヘッドスピードや打ち方が
TourAD MJ 7s の弾き系とTitleist 915のヘッドとマッチしたんだと思います(^O^)
最後に綺麗なドローを描いて305yの試打結果でした!

ボディターンでリストを大きく使わず振っていくタイプの方は
テーラーメイドR15
そして、スライスの方はこのダブルウエイトシステムで前側にウエイトをずらして、

コントロールすることで解消するように思います(^O^)

来シーズンに向けてぜひ早くからなれていきましょう!
R15ドライバー

Titleist 915

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017