スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

今日は朝一打ち放題に行ってきました!

朝一はからだも固く、気温も0度で衣服もパンパンに着ているので

まったくからだは捻れませんね(>_<)

股関節、脊柱、肩甲骨の動きが非常に悪いので、

どうしても腕だけで振ってしまい、

アウトサイドインからの

スライス・・・

 

こういったスイングになりがちです!

 

しばらく打っていると少しずつからだも捻れるようになり、

スイングも安定してくるのがわかります!

 

いかに、からだを温めてからスイングをしていくか

これは非常に大切ですよね(^-^)

 

そんな中、わたしの後ろで打っていたシニアの方が非常にキレイなスイングをしていたのを覚えています。

拝見したところ、70歳台くらい

前で私が打っていると、

「カーン!」

という音とリズム

がずっと一定なんです!

音が一定でリズムも一定なので、前で打ちながらふと途中で気がついたのですが、

ルーティーンが

テイクバック腰高さまで一回、

そのあとスイングで1球打つ、

球筋、弾道、飛距離

全てほとんど同じなんです!!

 

いやー、うまい!!

と思いすこし見入ってしまったのですが、

 

なんといってもスイングきれいでした!

股関節が十分に回旋し、

脊柱も捻転していて、

決して打ち急ぐことなく、下半身から始動していたのです(^O^)

飛距離もドライバーで250yほどはいっていたと思います。

 

自分のからだで作ったグリップ速度とシャフトの弾きが絶妙で

とても無駄のないスイングでした!

振り遅れているように見えるのですが、

インパクトできっちりボールをミートし、ストレートからドロー系のボール

以前女子プロの森田選手を見たときにも同じような印象を受けたのを思い出しました!

 

なんとなしに、30yの旗を最後は一緒に狙っていたのでした(^O^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017