スポンサードリンク

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

先日お伝えしたワークショップは満員御礼となりました!

開催次第、ワークショップ内容をアップしたいと思います!

 

さて、ゴルフは運動の中でどのような位置づけなのでしょうか?

パワーが必要なの?

持久力が必要なの?

 

考え方として、

運動時間

を考慮することが大切となります。

なぜか・・・

それは、

運動にはエネルギー供給が必須で運動時間に伴って供給されるエネルギーが変わるためです(^-^)

 

エネルギー供給は主に3つ

 

ホスファゲン(ATPーCP系)

無酸素(速い解糖)

有酸素(遅い解糖)

 

ホスファゲン(ATPーCP系)

・時間:6~10秒

無酸素

・時間:10~60秒

有酸素

・時間:60秒~

エネルギー1

この図をみると一目瞭然ですね!!
短い運動ほどホスファゲン系の代謝となります!

このエネルギー供給は時間は非常に短いですが、
爆発的なパワーを生み出すことができます。

さて、
ゴルフはどうでしょうか?

構えてから打つまでに
1秒?
2秒?
1分かかる方はいらっしゃらないと思います。

動きを見ると構えてから瞬時に打ちますよね!

そのためかかっても1~3秒くらいに収束する動きだと思います(^-^)

なににつながるのか?

ズバリ、

筋トレの内容です。

回数や重量に影響します。

トレーニングは

重たいものをたくさん回数をこなせばよい!

 

ほうとうにそうなのか?

先ほどの爆発的パワーを発揮するには、

1回~3回

集中してパワーを発揮する

という運動が必要になります。

オリンピックバーを使用するなら

クリーン

スナッチ

このあたりの練習は非常に下半身や上半真、全身のバネを使うので非常に効果的。

また、当サイトでも取り上げた、メディシンボール投げ

これもかなり効果あります(^-^)

 

これらの運動は筋ボリュームを増やすことがありません。

主に、神経系の働きに変化を与えてくれます。

 

運動様式がわかると

トレーニング方法もわかる

 

爆発敵パワーを発揮できる運動方法を随時アップしていきますよ!!

乞うご期待っ!!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017