スポンサードリンク

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

よく雑誌でダウンスイングは腰から切り返す!

とあるのですが、できるのでしょうか?

 

結論から言いますと!

動画を見ていると腰から切り返している

というイメージは伝ってくるのですが、

そんな動きはできない構造になっています!

 

やってみましょう!

テイクバックをして、右下肢に体重をかけます。

ここから一気に腰を左側へ!!

 

・・・

回せました?

 

右足が地面についているとこの動きは非常に困難です。

それでも無理やり回そうとすると、膝が壊れます!

 

 

腰から切り返すと

右の股関節が絞られてきます。(解剖学的・運動学的にいうと股関節は外旋です)

 

足が固定されていると足の動きには限界がありますから、

(足部を固定していると距骨の低屈、外旋、回外)

右膝が無理な動きとなります。(極度の外反)

 

どうしてそうなるのか?

 

ひとは地面と唯一接しているのが足部です。

足の動き、足関節の動き、地面との接点、力の入れる方向(ベクトル)など

微妙に調整することで、一時的にからだを不安定な状態としていますね!

 

その不安定を少しずつ制御していくことで動きのコントロールをしているんです(^-^)

 

 

それでは・・・

 

テイクバックをした状態で、右下肢にしっかりと体重を乗せてください。

右スウェーはダメですよ(^-^)

 

次に上肢はそのままトップで残した状態で

右母趾球に力を入れてみてください。

右膝が内側を向いてきましたか?

 

この状態で初めて腰が回せるんです!

そのため、しっかりと腰を回して体幹の捻転を出すのであれば、

足の裏の荷重ポイントがどこにあるのか?!

 

ここをまず意識することが大切です☆

 

あくまでも

足からです。

足から運動連鎖は始まるんです!

 

下肢で作った連鎖を徐々に波及させていき、

上肢の振りをいかに加速させるか

上肢の振りからシャフトをいかにしならせるか

しならせたシャフトをどこで逆しなりさせるのか

 

この一連の動きが

ヘッドスピードの加速を生み、

ボール初速へとつながっていくのです(^-^)!

 

よくよく、ゴルフのインソールは母趾側が柔らかくなっていたり、

母趾に促されるように作られているのは、こういった背景があるからなのです!

 

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017