スポンサードリンク

あけましておめでとうございます!

ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

 

 

みなさん、すでに初打ち、初ラウンドはいかれましたか?

青木はとてもばたばたしておりまして、

まだ初打ちも初ラウンドもいけておりません(>_<)

今週末を狙っております!

初ラウンドはおそらく、2月になるかと・・・

 

さて、1月になってしまったので、暖かくなる3月に向けて

飛距離を伸ばしたいかたは取り組まないといけない時期です。

2月では遅いです。

今月から初めてくださいね(^-^)

 

 

青木は年末年始考えていました。

いろいろトレーニング方法はあるが、

ズバリ、一番効率よく効果のあがるトレーニングはなにか?

 

と。。。

 

結論から言います、

 

腕立て伏せ

 

です!!

 

小さい頃からなにかとやらされてきた腕立て伏せ。

しかしながら、今改めて考えて見ると非常に重要なトレーニングだったのです!

腕立て伏せで望めるトレーニング効果

上腕三頭筋、大胸筋、三角筋、前腕筋、手内在筋

腹筋群、下肢筋群、足趾

大胸筋

このようにトレーニングできる筋肉をあげるとキリがないのですが、

腕立て伏せのトレーニングを推奨する理由は他にあります。

 

ゴルフのアドレス

この姿勢が安定します。

背中の軸が安定するのです。

背中の軸が安定するので、ダウンスイング時の右肩下がりを解消できますし、

伸び上がりなどもおきにくくなります。

 

本当?と思われる方多いと思います。

腕立て伏せには姿勢を安定させる効果がある!

というより姿勢を安定させることができないと実施できない運動なのです。

 

そのため、

腕立て伏せが継続的にできる

姿勢が安定している

 

ということになります(^-^)

 

しかしながら、ポジションにて注意してください。

腕立て

腰は絶対に反らさない。

逆に曲がっている方がまだベターです!

もう一つ、

肩甲骨をしっかりと寄せるイメージをもってください☆

腕立て伏せ

回数は

10回×3セット

でいきましょう!

[追記]画像を載せました!2016年1月7日

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017