スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

久しぶりに動画を撮影してきました!

 

やはり、動画を撮るという行為は面倒くさいのですが、
細かいスイングを解析できるので、オススメです(^-^)

 

テイクバックでスイングが決まると言ったものですが、
今回の動画はそのことを如実に現しています。

 

手元が浮く癖が元々あるのですが、
手元が浮くと

ヒールで叩く、ひどい時はシャンクする
フックボールが出る

ヘッドスピードが落ちるため、飛距離も落ちます。

 

手元が浮くとは?

ボールを打つ瞬間に手元が浮いている

リストのコックが解けてしまうということです。

必要以上のコックの解除はシャフトの加速を妨げてしまうため、
ヘッドスピードが低下します。

ヘッドスピードをあげるためには、
この現象を矯正できないと厳しいです。

面白いことに、
インパクトの瞬間に手元が浮くのを防ぐのはかなり難しく、
シンプルにテイクバックを手元から上げずに、体幹から始動すると改善できるのです!

 

スイング動画を見てみましょう!!

 

ダウンスイングでコントロールできるにはかなりの練習が必要です。
小田孔明選手や渡部綾香選手を見ているとテイクバックとダウンスイングの相関はないのですが、我々には到底真似できません。

シンプルにテイクバック

体幹始動

 

これが綺麗な弾道を作るのに最適です!

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017