スポンサードリンク

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^^)/

 

 

 

現在CASIOワールドオープンに出場中でトップにいる
時松隆光選手選手

解説を聞いていると何度も、

ベースボールグリップ

と繰り返されています。

青木は以前よりベースボールグリップなので、
物珍しさはないのですが、練習場でもあまり見かけないので、
少し特徴をまとめてみます!

 

グリップ3種類

 

インターロッキング
オーバーラッピング
べースボールグリップ(テンフィンガーグリップ)

ベースボールグリップには2種類ある

 

 

1.左手の親指をグリップに立てる方法
2.野球と同じように、左手の親指もグリップを巻く方法

青木は若干の一体感を残したいのと、少しで力を加えたいので、
左手の親指はグリップに立てています。

ベースボールグリップのメリット

上記の2のタイプの場合は左親指の傷めることがない
※ 上記の1のタイプの場合は、力の入れ方によっては親指を傷めます。

飛距離が伸びる(ヘッドスピードが上がる)
両手でグリップしている距離が伸びるため、右手の人差し指で最後までシャフトを押し込めます。

青木はインターロッキング、オーバーラッピングでもスイングしますが、
ベースボールグリップが一番飛びます。

イメージとしては、アイスホッケーのショットを見てみてください。

ベースボールグリップのデメリット

とても不安定です。
慣れないうちは、両手の一体感がなくて、ボールがあっちこっちにいくかもしれません

逆にそれ以外デメリットはないです。
スライスが出るのはリストを返すタイミング
切り返しのタイミングがずれているからでありまして、
グリップのせいではありません。

時松隆光選手の動画

ベースボールグリップについて

一度、ベースボールグリップを試してみてはいかがでしょうか?!

ベースボールグリップで慣れてくると、
オーバーラッピングやインターロッキングでの方向性は間違いなくよくなります!(^^)!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017