スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

JGTO2013年度の賞金ランキング1~5位の選手の動画、平均飛距離等のまとめです。

JGTO2013年度のドライビングディスタンスランキング1~5位の選手の動画、平均飛距離等のまとめはこちら

JGTO2013年度フェアウェイキープ率1~5位の選手の動画、平均飛距離のまとめはこちら

松山英樹選手をはじめとする、2013年度の賞金ランキング上位選手の動画を集めてみました。

おもしろいことに、賞金ランキング・ドライビングディスタンス・フェアウェイキープ率の上位5位までの選手に同じ選手がいないということです。

フェアウェイキープ率に関しては正確なショットを再現出来ると思われますので、賞金ランキングにもからんできても良いのではないかと思っていました。

それでは載せていきます(^O^)

1位 松山 英樹選手

平均飛距離 身長 体重
291Y 180cm 82kg

使用クラブ:ダンロップ スリクソン ZR-30 ドライバー

2位 金 亨成選手

平均飛距離 身長 体重
283Y 180cm 70kg


使用クラブ:

3位 小田 孔明選手

平均飛距離 身長 体重
288Y 176cm 85kg


使用クラブ:本間ゴルフ TW717 460 ドライバー

4位 片山 晋呉選手

平均飛距離 身長 体重
283Y 171cm 73kg


使用クラブ:グローブライド オノフドライバー タイプD

5位 Sung-Joon PARK選手

平均飛距離 身長 体重
282Y 175cm 73kg

使用クラブ:

※ 使用クラブは記事作成時の時のものです。変更に気づかれた方はお知らせください。

 

こうやって見てみると、賞金ランキング上位の選手はフェアウェイキープ率ではなく、ドライビングディスタンスが重要になってきている印象があります。実際に上位5名の選手は280Yオーバーです。

コース毎の距離が長い男子ツアーですので、飛ばして距離を稼ぐということも重要になるのですね!!

参考

JGTO部門別データ

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017