スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

ゴルフを初めて二年目となりました。

今年の春からはしっかりスコアを考えながらゴルフを作っていくことが目標です(^O^)

 

昨年度の冬にアイアン、ドライバーを買い換えてからスコアが安定しておらず、

昨年度の平均スコアは約100でした。

 

スコアの内容を考えると

まず目に付くのは平均パット数でした。

1ラウンドあたり

約40打

 

ひどいものでした。

また、ドライバーに関してもOBスタートで、3Wや4Iでい1打目を打つ

なんてことも多々ありました。

 

先日スコア88を出すことができ、

内容は前半のハーフ39、後半49、平均パット数33でした。

フェアウェイキープ率は相変わらず0%でドライバーは一向に安定していません。。。

 

ドライバーが不調でもスコアを伸ばせてきたのはなぜなのか、

自分なりにスコアが伸びてきた理由を考えてみました。

パット数を減らせた

今まで平均パット数が40だったのに、

練習器具を変えてから平均パット数は-6の34にもなりました。

家でのパター練習を続けてきたのですが、劇的にタッチが上手くなりました。

今までも練習してきましたが、2mパターマットでは微妙なタッチがごまかされてしまいます。

カップがシビアなリョーマゴルフの上手くなるカップ!

これは確実に上手くなる。

→パッティングが上達するパター練習器具|実践動画

自分で決めたラインを信じてタッチを合わせて打つだけ、

シンプルに考えるようにしたのも良かったのかもしれません(^O^)

 

50Y以内の寄せワンが増えてきた

練習場でシングルの方の練習方法を見ていると

ショットの練習より明らかにアプローチの練習が多いのがわかります。

青木含め、アマチュアレベルはドライバーやウッド、ロング・ミドルアイアンと練習すべきクラブが多いため、

なかなか同じように練習するのは難しいこととは思います。

しかしながら、

グリーン手前でトップし、OB

ダフって+1打

バンカーtoバンカー

などの悲惨な状態を避けるため、スコアをメイクするためにはやはりアプローチ!

練習球の半分をアプローチに変えた結果苦手な距離がなくなってきました!!

 

スイングアークが安定してきた

球を打つ時に何を意識するか

これは悩ましいところであり、いくつかコンテンツも上げてきました。

青木が今回のスコアアップから言えることは

球の行き先も大切だが、

スイングの再現性の再確認

こちらを信じてずっとやってきた結果、すこしずつではありますが、同じスイングが作られてきた印象があります。

 

コース戦略を考えるようになってきた

これはかなり重要な要素だと思います。

簡単に言うと、

博打はしない。

友人とゴルフに行っていると、どうしても飛ばしたくなり

右ドックレッグ実距離340y ショートカット280Y

などあると、

真っ先にショートカットコースを選んでいました。

いったことのないゴルフ場や傾斜のきついゴルフ場などでは無理をせず、しっかりコース戦略を立て

確実にスコアメイクしていくことですね(^O^)

また、得意な距離を残すように逆算して距離を打ち分ける

これも大切です。

狙ってグリーンオンさせることが重要と感じました!

 

心に余裕がでてきた

きっぱり、このホールはボギーで上がれれば上等!!

次のホールはパーを狙いに行くぞ!

ここのpar5は距離が短いサービスホール、バーディー狙えるな!

こんな感じでメリハリのあるゴルフを考えると気張りすぎず、冷静にできます。

 

最後に

クラブと自分がマッチしてきた

いままでクラブは青木にとってかなりアップライトなものでした。

そのせいで球が捕まりすぎることが多く、安定した打球には程遠かったです。

しかしながら、幾度のライ角調整を行うことでアイアンは劇的に改善しました(^O^)

アイアンのライ角調整方法|ゴルフ5でフラット調整してきました!

 

すこしずつヘッドスピードも上がってきているため、

ドライバーはきっとシャフトのトルクが合っていない・・・

はずです!!

 

スイングアークが安定してきているのに

打球が安定しない、という方は

 

道具のせい

 

として一度チェックしてもらいましょう(*゚▽゚*)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017