スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

2014年日本オープンを観に行き、

アダム・スコット選手を追っかけながら、

その他の時間はずっとショット練習を観察をしていました。

 

小田孔明選手はパワフルすぎてマネできそうにない・・・

池田勇太選手も独特な打ち方でパワーもあるし、なかなか・・・

 

我々アマチュアがスイングをするときは、飛ばすこと

とにかく正確に飛ばすこと、が目標だと思います!

ドライバーショットが安定していれば100切りは目の前でしょうし、

2打目以降の戦略にも幅がでます!(^^)!

 

いろんな選手のスイングを見ていると

とても無駄がなく、リズムも抜群、からだの使い方としては理想的な選手がいらっしゃいました!

それが、貞方章男プロです(^O^)/

ドライバーも振ると300y近く飛びますが、

見ていた限りコントロ―ルショットでキャリーで260yほどでした。

 

貞方章男選手のスイング

なんといいましょうか、

ほんとに見ていて無駄がなく、すんなり入ってくるんです。

テイクバックはゆっくり

トップの位置も肩関節90°

シャフトも地面と平行

切り返しも急激な動作はなく、

しっかり下半身と腹部を捻転させ始動

インパクトの瞬間はしっかりボールを見ています。

この頭の残し方は非常に参考になりました!!

始動からフィニッシュまで軸はまったくブレません。

 

このリズム

打ち急いだり、急に加速したりするわれわれにはないものだと思います!!

しっかりとした土台があってこそのパフォーマンスだと思いますが、

なんとかマネしたいものです!(>_<)

 

貞方章男選手のスイング~ドライバーショット~

ボディーターンとリストターンのリズムが最近見た選手の中ではかなり理想的でした!!

自分のスイングを動画でとって、重ね合わせながらしばらく練習してみようと思います!(^^)!

貞方章男選手 プロフィール

※JGTOデータより

生年月日 1979年04月24日
出身地 奈良県
身長 174cm
体重 70kg
一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017