スポンサードリンク

アドレスの足の位置

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

 

今日は久しぶりに2時間打ち放題に行ってきました!

 

2時間連続で打つにはかなり体力がいるものですね・・・

 

以前はマンぶり2時間などやっていた時期がありましたが、

これ効率の良いスイングでなければケガを誘発するのみです!!

 

おそらく、

右腰の痛み

右肘の痛み

背中の痛み

左肩の痛み

左肘の痛み

左手首の痛み

 

このあたりが痛くなってきます。

テイクバックの位置、不十分な体重移動や関節の硬さが特に影響します。

 

ここでアドレスのちょっとした足の位置

 

を整えることで、これらのことが多少軽減される方法をご紹介!!

 

 

以前、雑誌などでも紹介されていました。

 

プロのアドレス目線!!

 

右つま先オープン

 

左つま先オープン

左足は右足よりもすこし引くような形

アドレス

 

なぜかプロはこのアドレスが多いです。

フェードヒッターもドローヒッターもです。

 

右足から考えてみると

つま先が外側に開くオープンの形は非常に関節運動からみて効率が良いです。

テイクバックの際に股関節の回旋を阻害することがないので、スムースの周ります。

 

左足は

右足より後ろに引くことで、ダウンスイング~フォロースルーにかけて左股関節の回旋を阻害しません。骨盤を回しやすくなるんです(^-^)

 

さらにつま先も開いていることもこの動きを助けます!

 

そのため、両方の股関節が硬い方への即効性は抜群です(^O^)

インパク

そんなにつま先を開いたらスライスになるって??

 

たしかに、イメージではそうなると思いますが、

実際打ってみるとそこまで影響ありません!

 

逆に綺麗に股関節が回旋するので、リストターンのタイミングもあり、ショットも安定しますよ!

 

ぜひお試しあれ(^-^)

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017