スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

全英オープンも大詰めですね!

松山選手のラウンドは見ていて本当に興奮しますね。

このまま優勝してしまうのではないかと(^O^)

 

松山選手は日本勢では飛ばし屋として有名ですが、

海外選手達と回るとその飛距離差もかなりのものとなります。

やはり注目はダスティン・ジョンソン選手!

この選手にはフェアウェイバンカーは意味のないものとなってしまっていて、思わず解説の方々も笑っていますよね!

そんなダスティン・ジョンソン選手と大きな飛距離差がない選手が

ジェイソン・デイ選手です(^O^)

前回の全米オープンで同一組として回っている時に、飛距離差があまりありませんでした!!

 

ダスティン選手は身長が190cmを超えていますから、かなりその飛距離にも納得がいきます。

ジェイソン選手は身長183cmということで、松山選手と体格差はそれほどありません!

 

それでは、ジェイソン・デイ選手のデータ・スイングを見てみましょうo(^▽^)o

ジェイソン・デイ選手プロフィール

身長-183.0cm
体重-74.8kg
DRIVINGDISTANCE-306.7y

※ PGAデータより

~特徴~
・比較的ゆっくりとしたテイクバック

・テイクバック時にブレない右膝

・シャフトが地面と平行まで振り上げていない

・腰を切ったあとの左肩を先行させる動作で飛ばしの筋肉の張力を最大限に高めている

・両肩の入れ替え(ローテーション)が非常に速い

・振り切るスピードが速く、その状態でも下半身は一切ぶれていない

ジェイソン・デイ:テーラーメイド R1 ドライバー
テーラーメイドドライバー

 

コンスタントに上位に食い込んでくる選手ですし、

ショットは飛ぶし、正確です。

体つきえを見ていてもトレーニングをしているように見えますし、

からだのバネがハンパじゃありません・・・

ワンピースでいう麦わらのルフィなみにしなやかでゴムのような反射を感じます!

次なる優勝も近いと確信していますo(^▽^)o

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017