スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

2015年CATレディース 女子プロゴルフトーナメントを観戦してきました!

雲行きの怪しい中でしたが、午後からは晴天となり暑いくらいの中でのプレーでした。

今年もドライビングレンジにて各選手をじーっと観察。

くる選手くる選手をじーっと観察。

左右の足の太さの違い。そこからのスイングの特徴。

下半身と上半身の使い方。

からだの柔らかさ、動かしやすい関節

動きを始動させる部位

練習方法やルーティーンなどなど

 

かなり勉強になりました!(^O^)

 

さて、結果ですが!!

2位は大混戦でしたが、

優勝は、14アンダーの服部真夕選手でした!!

スラッとした姿勢で
すれ違うと私よりも身長が高い・・・

身長は166cmとのことです(^-^)

比較的アップライトな姿勢から繰り出される正確なショットが優勝をたぐり寄せたようです!

ドライバー飛距離も平均250yと女子の中でもかなりの飛ばし屋ではあります!

やはり1打目である程度飛距離を稼げると2打目が優しくなりますよね。

見ていて改めて感じさせられました(>_<)

服部真夕選手のショット

下半身からの始動で体幹は少し遅れて動いています。

左手首のコックを保ったまま、

インパクトの瞬間に綺麗なターンをしています!

このリストターンのタイミングは理想的で、

一番ヘッドスピードを加速させることができる動きとなっています!

適切なリストターンは飛んで曲がらないショットを生み出します!!

シンプルですが、

非常に参考になる動画ですね(^O^)!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017