スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

飛ばしたい皆様、トレーニングしていますか?!

青木は毎日自分に足りない要素を10分ずつくらい実施しています。

 

最近のコンセプトは300yじゃ物足りないので、

320y飛ばせるからだを作ること、です(^-^)

 

マン振りしてミート率が1.55でドローという条件であれば飛ぶのですが、

練習不足、諸刃の剣でそんなスイング使えません!!笑

 

コンスタントに安定して飛ばせることが重要ですよね☆

どんな要素が安定した飛距離を生み出すのか・・・

 

パワーヒッターはこぞって同じことをいいます。

 

『下半身が大切』

 

すべての競技・スポーツにおいて下半身が重要なのは昔から言われてきました。

 

たしかに野球選手やプロゴルファーもみんなすごいおしりをしています!

 

最近見た中で一番すごいおしりをしていたのは、

 

アダム・スコット選手

 

ですね。

 

2014年日本オープンで来日したとき、おしりばかり見ていました!

 

人種が違うので、骨格そのものが異なるのですが、

おしりが大きいことはとても大切です!

 

テイクバックで右スウェーを制御

ダウンスイング時の腰の切り返し

インパクト時の地面を押さえつける力

 

飛ばしに重要な要素を全て網羅してくれるのが

 

右のおしり

 

です!

 

プロゴルファーを見ていても

 

右のおしり

 

大きいですよ!

バランスよくトレーニングしている選手の大きさは同じですが、

女子の選手では左右の下肢の太さが結構違っています。

 

おしりともう一つ大切な部位があります。

 

半腱様筋です。

 

どこか?

ハムストリングスという腿の裏の筋肉で、

内側に位置する筋肉です。

semitendous

ここが肝で、

右足で地面を蹴る時に下腿と骨盤を制御する動きをしています!

ここの力が抜けてしまうと

右下肢の縦軸が崩れてしまうので、

思いっきりウエイトシフトすることができなくなってしまいます。

 

どうやって鍛えるのか?

 

スクワットです!

しかし両足ではあまり効果が見込めません!

するのであれば、両手にペットボトルやダンベルを持ちましょう!

 

負荷と回数

姿勢

 

がとても大切です!

 

回数10回×5セット

休憩時間30秒

 

できれば10回やって疲労感を感じるくらいが良いです。

疲労感のない方は積極的に負荷をかけましょう!

 

プロや学生であればオリンピックバーを担いでもよいでしょう!

スクワットポジション

胸の真ん中が足の面積の中に落ちるようにしましょう(^-^)

スクワットポジション1

体幹の前傾を保ちながら、股関節を意識してみましょう!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017