バナー

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人の青木です!

ローリー・マキロイ選手完敗です。

デシャンボー選手がコロナ明けの試合で飛距離を大幅に伸ばしてきました。

というのも、マキロイ選手がクリーンヒットしたと思った飛距離から40yも前にボールがあったとのことです。

それ、もう誰も勝てないやん・・・

デシャンボーは2017年が88.5kgだったのが、現在は108.4kgと約20kgものボリュームアップ!!

ボール初速は2017年の平均77.96m/s→90.74m/sまでアップ!!

身長は185cmと元々大柄な選手ですが、この体格での20kgアップは正直誰も勝てません。

飛距離は身長と体重と相関が強いですから、

大きい選手が飛びます。

デシャンボー選手がどう意識していたかはわかりませんが、

トッププロでも20y飛ばすことで、1Rごとのスコアが0.75打数減らせるということがゴルフデータ革命という書籍で紹介されています。

飛距離は圧倒的なアドバンテージというのがアメリカだと当然に考えられています。

パワーゴルフというのも当然ということです。

また、アマチュアに関してはもっと露骨で、

20y飛距離がアップするとスコアは3以上減らすことが出来ます!

ミスを減らす練習ではなく、

飛距離を伸ばす練習をしろ!!

ということになります。

行ってみると、飛ばせる選手は、飛ばして曲がらないように練習するので

自然と曲がらなくなるのは至極当然のことなのです。

曲がらない選手でも、飛距離が出ないとどうしても超ロングホールでは苦戦を強いられます。それがPGAツアーとなります。

私達はアマチュアですが、

飛距離をアップさせることがスコアを減らすことが明確なので、

まずは飛ばし方、飛ばすためのトレーニングをして基礎固めをするのが良さそうです(^^!!

当施設では、歩いて3分のインドアゴルフ場でトラックマンを使った飛距離アップコースをご用意してあります。

20y伸びなければ全額ご返金いたします。

ぜひ、20yアップ+スコア改善を目指しませんか?(^^

バナー