スポンサードリンク

んにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

今回、
これぞゴルフ!!
を体感できるコースをプレーしてきたのでご紹介します!

千葉県
カレドニアン・ゴルフクラブ

です。

正直ゴルフを初めて1年半の青木にはレベルが高すぎました(いろんな意味で)。
何個のボールをゴルフ場に寄付したことでしょう。

今まで丘陵コースはあまりプレーしたことがなく、
山岳中心のゴルフをプレーしてきました。

そのため、
これほどまでの池に遭遇したことがありませんでした。

カレドニアンゴルフクラブ2

ティショットでこの広大な池を超えていきます!

プレッシャーにやられ、寄付しました!!

池に呼び込まれます。
池を避けるとバンカーが待ち構えています。
フェアウェイ狭いです・・・

安心できるフェアウェイに完璧に乗せるテクニックや戦略性が必要なのです。

これまでプレーしたことのあるゴルフ場では、
ある意味

ラッキー

が多かった気がします。

バンクに当たってボールが返ってくる(OBを避けられた)

グリーンが平坦のため、どこに乗せてもそれほどパターに困らない

1打目が飛んでいればなんとかなる
(ロングアイアンやミドルアイアンを使わなくとも良かった)

しかしながらこのカレドニアン・ゴルフクラブに関しては、
こういったことが一切通用しません。

OUTコースは比較的真っ直ぐのコース
INコースは距離が短いがドックレッグが多い戦略性を求められるコース
(ロングアイアンやミドルアイアンを多用しなければならない)

そして、多くの池、バンカーが待ち構えています。

さらになにがプレーヤーを困らせるかって、

グリーンのアンギュレーションが複雑
グリーンが速い

ことです!!

そのため、
きちんとボールを乗せる場所を選ばないと
平気で3パットしてしまいます。

グリーンの形状、ピンがきってある位置
を知った上で逆算しながらのコースマネジメントをしていかないと痛い目を見る

こういったことが特徴的です!

カレドニアンゴルフクラブ3

向かって右側にピンがありますが、左側のグリーンに乗せてしまうと

距離もあり、アンギュレーションが大きいため何打叩くかわかりません。

確実にピンそばから攻めたいものですが、ピンポイントで攻めるにはかなりの正確性が必要です・・・

 

さらに

日本のトーナメントはおおよそ12フィートだそうで、
米国のメリオンやオーガスタでのトーナメントでは14フィートだそうです!

このカレドニアン・ゴルフクラブは

その14フィートを実際に体感できるというので、これはすごいことではないでしょうか!

魅力

世界レベルのレイアウト

ハイクオリティのメンテナンス

スコットランドのリンクスコースを起源に進化したゴルフコース

 

カレドニアン・ゴルフクラブ



ゴルフの奥深さ・戦略性・面白さ

がとことん味わえる最高のコースだと思います!!

GORAでの紹介をみてもかなりの高評価です!
高級・接待という記載が多いですが、
ゴルフを知るために一度は行ってみる価値はあると思います。

ゴルフの考え方が変わりました。

総合評価

グリーンは今まで経験してきたコースの中で最難関!

大胆なアンギュレーションと繊細な芝目にやられます・・・

戦略性に関しては5段階評価ですが、7くらいいってると思います

距離はホワイトからプレーすると評価は3くらいですが、バックティやフルバックですと5評価

コストはかなり高価だと思います。ご褒美に行く!!

という感じでしょうか(^O^)

また、ドックレッグが多く前回購入した

COOLSHOT AS

は大活躍でした!!

カレドニアン地図

【車の場合】
千葉東金道路・松尾横芝 5km以内
千葉東金道路・
松尾横芝ICを降り、はにわ道を左折し、
1つ目の信号を右折。コースまで1km、1~2分。

【電車の場合】
JR総武本線・成東駅、京成電鉄・JR 成田空港第2駅下車。
タクシーで約30分。

【クラブバス】
空港第2ビル 07:45 発 08:15発 予約制で運行。
カレドニアンゴルフクラブ 16:00 発 17:20 発

【ゴルフ場への連絡先】
050-5803-1265

ゴルフ場基本情報
所在地:千葉県山武郡横芝光町長倉1658
TEL:050-5803-1265 / FAX:03-3237-8417
シューズ指定:ソフトスパイクのみ
服装指定:ジャケット着用をお願いいたします。 .付帯施設

練習場:あり  300Y  25打席

コース情報

設計者:J・マイケル・ポーレット
種別:丘陵
コース高低差:適度なアップダウン
ホール:18ホール パー72 コース
OUT・IN .距離:7,056Y

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017