スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

ゴルフスイング理論はいろいろな雑誌、書籍、動画で言われています。

あまりにも様々な言い方があるために、混乱し、よくわからなくなってしまうのが現状です。

たくさんの書物を読みあさりましたが、

少しずつ言葉が異なるだけでそこまで大きく理論に違いはないのではないか?と最近感じています。

からだの使い方には特殊な理論はないからです。

骨があり

筋があり

神経が制御をする

 

非常にシンプルであると思います。ただこれだけなのに、人々が同じ動きをすることはないのが

不思議というか、もはや芸術ではないか!?と感じてしまいます(^O^)

 

様々な雑誌、書籍、動画で言われていることをまとめてみました

~トップポジション~

トップポジション説明 POSER

~インパクト~

インパクト ポジション POSER9

 ~フォロースルー~

フィニッシュ POSER

~構えについて~

アドレスポジション POSER

最近感じることは、

①クラブにからだを合わせるのか

②からだにクラブに合わせるのか

ということです。

①の場合はクラブを買い換える度にスイングが変わることになります。

②の方法であれば、身につくまでにかなりの時間を要するとは思いますが、自分のスイングイメージが効率よく構築されていくような気がします。球を打った後に、球の結果を求めるのではなく、からだの再現性を確認する作業になるため、おもしろくないと感じる方も多いかもしれません。

管理人は理想とするプロの動画を確認したり、自分自身のスイングを逐一動画で撮影するようにしています。

皆様はどのような練習方法をやられているでしょうか?

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017