スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人の青木です(^O^)

ゴルフにおいて筋力トレーニングを導入していきたい方多いと思います!

管理人も最初はゴリゴリに筋力トレーニングをしていました。

バーベルやダンベルを使って手が上がらなくなるほど、というメニューを毎日~3回/週など(´・_・`)

筋肉が付くのはいいのですが、使えない筋肉になってしまう可能性がありまして、

最近では筋力トレーニングも重要ですが、からだの柔軟性も重視しています!

そちらに関してはうせやるなら300Y~筋力トレーニングよりストレッチだ!~をご覧下さい!

 

筋力トレーニングを開始するのであれば、

『週に最低2回』、『最低1ヶ月』

 

は継続してください。

理論的背景はこちら!

筋力アップの理論背景 作図済み

参考文献ー町田修-:スポーツ選手の骨格筋機能.スポーツ現場に活かす運動生理学・生化学,49-60.市村出版,2011

 

トレーニング初期は辛いものがあると思います。

なぜか・・・トレーニングをしていった後にどんな風になるかわからないため、モチベーションが上がらないためです!!

目標があれば頑張れますよね!!(^O^)

 

なので、予め

2週間はなんの変化も起こらないと思っていてください。

しかし、2週間以降は明らかに動きが変わってきます。

今まで使っていなかった筋が使われるようになるため、

1.力が増す

2.疲労度の軽減

 

が起こってきます。

筋骨隆々のように見た目に変化を起こしたい方は、

1ヶ月以降でないと筋線維の肥大が起こってこないため、辛抱強く待ちましょう!

 

アドバイスとして、

ゴルフにおいて、大きすぎる筋肉は回旋動作を妨げてしまいます。

例えば、トップの位置で肩が顎の下まで回らないなど

そのため、トレーニングはインナーマッスルを中心に、負荷量も連続して実施出来る回数を多めにしていくべきです。

ゴルフは重量挙げのような瞬間的なパワーよりも、

何回も同じような動きが求められる、繊細で持久的な要素が必要なためです。

言葉を言い換えると、重量挙げは目的がどんな方法でも上がればよいので、雑で大丈夫です。

しかし、ゴルフは正確性が求められるため、毎回細かい調整が必要となります。

 

それじゃあ、どんなトレーニングがいいのか?

具体的な方法とやり方は近日アップします!

下半身トレーニングと上半身トレーニングをアップしました!

ゴルフ下半身トレーニング|フォワードランジとスクワット

ゴルフ下半身トレーニング|メディシンボールを使ってみよう!

ゴルフ下半身トレーニング|メディシンボールでバネを爆発させる!

300ヤード飛ばすための筋トレ|Theraband®を使ったトレーニング

力を上手く発揮するにはスイングポジションも重要です!(^^)!

スライス防止!ダウンブローで飛距離アップ!自宅で出来る自主トレ

 

協調性やバランストレーニングは追ってアップしていきますヽ(´▽`)/

 トレーニング方法がわからない方へ

こちらでトレーニングを紹介しています(^-^)

 

追記

  • 関連記事を追加しました(2014年5月26日)
  • 具体的トレーニングを追加しました(2014年7月18日)
  • 具体的トレーニングを追加しました(2014年10月23日)
  • トレーニング方法がわからない方へ リンク追加しました!(2015年11月30日)
一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017